むちうち

むちうちとは

 事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などをむちうち症と通称名で呼ぶ事が多く、「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」と言われる事が多いです。

 事故のほかに労働災害、スポーツ障害によって引き起こされる事もあります。
 強い衝撃で頭部と胴体が異なる向きへの動きが強制され、それによって、痛みやしびれが生じるものであって、「むちうち症」という名前は、その動きを打った後のしなった鞭に例えたものなのです。
 また近年、ムチウチ症によってもたらされる様々な症状が、脳脊髄液減少症という『髄液が慢性的に漏れることにより発生するもの』あるいは脳に損傷を受けた為に身体の麻痺や高次脳機能障害を発症する軽度外傷性脳損傷によるものだと指摘されています。

きょうえい接骨院のむちうちの施術

 当院ではカウンセリングと検査をもとに、一人ひとりに合わせた施術をおこなっております。

 むちうちは事故に遭った日は身体に異変はないが、翌日あたりから痛みとともに、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの不定愁訴などのさまざまな症状が生じる場合があります。

 そのため、むちうちに遭ってしまわれたときはできる限りお早めに当院までご連絡ください。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【平日】
9:00~12:00
16:00~20:00
【土曜】
9:00~12:00

【定休日】
日曜・祝日・土曜午後

所在地

〒489-0809
愛知県瀬戸市
共栄通4-68

0561-88-0880

お問合せ・アクセス・地図

PageTop