五十肩にお悩みで接骨院への通院をお考えの方へ

文責:院長 柔道整復師 市原 睦夫

最終更新日:2022年09月20日

1 五十肩とはどのようなものか

 肩関節が炎症を起こして痛みが出ている状態で、50代以降から生じやすいため、五十肩と呼ばれています。

 肩関節周囲炎とも呼ばれており、肩を強打した等の明らかな原因がなく、画像検査で異常が見つからないが、肩に痛みが生じている場合は、五十肩が疑われます。

2 五十肩ではどのような悩みが生じるのか

☑ 腕をまわせない

☑ 肩が上がらない

☑ 寝返りを打つだけで痛む

☑ 着替えの際に痛みが出るため日常生活に支障をきたしている

 

 このように、五十肩は肩関節の可動域の制限や痛みが主な症状です。

 肩前方に痛みが出るケースが多く、肩をあげると強い痛みが生じるため、日常生活の何気ない動作が困難となってしまう方も少なくありません。

3 なぜ五十肩になってしまうのか

 加齢による筋力の低下や、血液の循環が悪くなり筋肉に疲労が蓄積されて痛みが生じたなど色々と考えられますが、明らかな原因は解明されていません。

 ただ、姿勢が悪いなど、肩に負荷のかかる動作を日頃から行っている場合は、施術をしても五十肩が再発してしまうおそれがありますので、姿勢改善を行うなどの根本的な改善が必要です。

4 五十肩の施術

 痛みが強い急性期と、慢性期、回復期では、対応が異なります。

 痛みが強い時期は、できる限り安静にしつつ、炎症を緩和させるための対応を行っていきます。

 慢性期や回復期は、関節の可動域の改善を目指すため、運動療法やストレッチなどを取り入れていきます。

 当院では、急性期は機器を用いて炎症を抑えるための施術を行い、痛みの緩和を目指します。

 その後は、肩の状況に合わせて手技施術を行う等、柔軟に対応させていただきます。

 通院のたびに肩の状態は変化するものですので、施術を行う日の状態に合わせた施術を行い、五十肩の回復だけでなく、五十肩が再発しにくい身体作りにも努めます。

 五十肩にお悩みの方は、まずは一度きょうえい接骨院にご相談ください。

PageTop